スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06式小銃てき弾

06式小銃てき弾(まるろくしきしょうじゅうてきだん)は、陸上自衛隊が装備している国産の小銃擲弾(ライフルグレネード)である。製作はダイキン工業。概要専用の薬筒を使用せず、89式5.56mm小銃または64式7.62mm小銃の銃口に装着し小銃弾(実弾)を用いて発射する。発射方式には弾丸トラップと分離飛翔方式を組み合わせた機構が用いられており、擲弾は小銃弾を受ける部分と飛翔する部分に分離し、発射反動を抑える事により命中率を高めている。また、後方(射手の方向)に飛散物が発生しない様、射手の安全性を考慮して設計されている。射撃時には06式小銃てき弾用照準具?型を小銃に装着する。その他、着発不作動時の自爆機能を有しているという。性能諸元等は未だ不明だが、その形状と現代における小銃てき弾の趨勢をみるに、小型の成形炸薬弾と調整破片による対軽装甲及び対人用の榴弾と予想される。尚、89式小銃については、被筒(ハンドガード)部分に装着するアドオン式グレネードランチャーの開発予定はない。自衛隊はかつてM203擲弾発射筒の評価試験を行っているが、その上で不採用に終わっている。M203の不発率が許容できなかった等、噂はあるが不採用理由の真相は不明。これはアドオン式である擲弾筒を装着した小銃の照準特性が変化したり、擲弾射手が固定されるのを嫌った自衛隊の選択によるものと思われる。FA-MAS(ブルパップ方式)を運用するフランス軍等、同様の理由によりアドオン式グレネードランチャーの装備に積極的でない軍はいくつか存在する。関連項目グレネードランチャー89式5.56mm小銃64式7.62mm小銃陸上自衛隊の装備品一覧外部リンク平成13年度事前の事業評価 政策評価書一覧要旨 (PDF)本文 (PDF)平成17年度 事後の事業評価 政策評価書一覧要旨 (PDF)本文 (PDF)参考 (PDF) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/06%E5%BC%8F%E5%B0%8F%E9%8A%83%E3%81%A6%E3%81%8D%E5%BC%BE」より作成カテゴリ: 擲弾発射器 | 陸上自衛隊の小火器

隠岐病院 70代女性患者窒息死 呼吸器、故意に外される?(産経新聞)
漁船銃撃で露側に厳重抗議 政府(産経新聞)
大分の強盗殺人、無罪「自白の信用性に疑問」(読売新聞)
強盗致傷を窃盗と傷害=適用罪名変更、裁判員判決-さいたま地裁(時事通信)
中国海南島で起きている異常事態 マンション価格3年で百倍以上(J-CASTニュース)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゆかわたろうさん

Author:ゆかわたろうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。